グレート・オーシャン・ロードを冬に訪れるべき7つの理由

気温も下がり、冬真っ只中のオーストラリア。冬ごもりをしないで、外に出て、寒さを受け入れ探索しましょう。冬のビクトリア州での目的地は、グレート・オーシャン・ロードが最高です。

普段よりも周囲の人が少ない

人々が真冬に家から出たくないのは当然ですよね。これに反して、車に飛び乗りグレート・オーシャン・ロードを走りましょう。普段なら、インスタ映えする写真を撮るために自撮り棒を持った何百人もの旅行者と争わなければならないゴージャスな景色には、人ごみも、道路わきに駐車した無数の観光バスもなく、劇的にすっきりしています。つまり「12人の使徒(12 Apostles)」では、人ごみの頭の向こうを見るために背伸びをしたり、写真の背景に他の人が写りこまないように苦心する必要もありません。これは大きなメリットです。

生き生きとする熱帯雨林

グレート・オーシャン・ロードの「12使徒」に向かう区間はグレートオトウェイ国立公園の中を通り抜けます。つまり、これまで目にした中で最もよく茂った緑の景色を観るために、道路から少しそれて奥地に向かわない理由はありません。雨の日なら、熱帯雨林の中にさっと身を隠して歩いてみましょう – そびえる木々やシダが雨よけになります。さらに、ビクトリア州では毎年冬に多くの雨が降るので、滝の力強さが増しています。雷のような轟音をたてる水音を聞けば、自然の驚異を感じ、良い意味で自分がとるにたりないものだと感じることでしょう。

火にあたって暖をとろう

ワインやホットチョコレートを手に  アポロ・ベイYHAのラウンジで薪ストーブにあたり、夜のリラックスタイムを過ごしましょう。風(そして恐らくは雨)の中でグレート・オーシャン・ロードを探索した1日の締めくくりには、暖をとるのが一番です!ホステルの犬「アンバー」が、頭をなでたり抱きしめてもらいに寄って来るかもしれません。心もほっこり温まりそう。

クジラを探そう

6月から8月にかけて、グレート・オーシャン・ロードの海岸沿いには温かい水を求めて移動するクジラが泳いでいます。海岸ドライブ中は、その辺りで定期的にクジラが見られることを示した旗を探しましょう。そして車を止め、クジラが見られるように幸運を祈りましょう。

ゆっくり寝る

日の出の「12使徒」は誰もが一度は見るべき体験です。ありがたいことに、真冬の日の出時刻は真夏よりもはるかに遅いので、数時間ほど長く暖かいベッドの中で過ごすことができます。 アポロ・ベイYHA または ポート・フェアリーYHAに宿泊している場合、「12使徒」までは車で約1時間かかります。日の出に間に合うように十分な時間をとってください。

ウインターワイルド

大成功を収めて2年目を迎える「ウインターワイルド」フェスティバルは真冬のアポロ・ベイで開催され、アート、カルチャー、音楽、演劇、そしてオトウェイの冬を祝います。ダーク・モフォのようですが、ウインターワイルドは本土で開催されています。このフェスティバルには州内各地から人々が集まるので、この時期は冬の中でも、事前に計画を立てて早目に宿泊施設を予約することをお勧めする時期のひとつです。これは必見です。

お財布にやさしい

冬場はお客様が減るので料金が安くなる傾向にあります。これを利用すれば、一生懸命に稼いだお金の一部を驚くほどお得な価格で使い、残りを貯めることができます。たとえば アポロ・ベイYHA のベッドは1泊たった30ドルから、そして ポート・フェアリーYHA のベッドは1泊27ドルからです。こんなチャンスを逃す理由はありますでしょうか!?

準備はいいですか?行きたくてウズウズしてきましたか?友達を誘って、 アポロ・ベイYHA のベッドを予約し、出発しましょう。冒険が待っています。

Nearby Hostels

    あなたの旅ストーリー

    旅ライターとして記事をYHA.COM.AUの日本語サイトに投稿してみませんか?

    hostel page thumbnail
    From $33 per night
    アポロ・ベイ - Apollo Bay Eco YHA
    グレート・オーシャン・ロードにお越しの際はアポロ・ベイ・エコYHAへようこそ!アザラシを間近に眺めながらのカヤック、遊泳、サーフィン、フィッシング、オトウェイ国立公園でハイキング、有名なGreat Ocean Walkなど色々なアクティビティが楽しめます。
    hostel page thumbnail
    From $27 per night
    ポート・フェアリー - Port Fairy YHA
    ビクトリア州にお越しの際は、ぜひこの素敵なフィッシング・ビレッジにお立ち寄りください!
badge image

学ぶために旅して、旅するために学ぶ。