オーストラリアで最もキュートな動物を探しに行こう

オーストラリアは、サメ、クモ、ヘビだけではありません。危険ではない動物は他にもたくさんいます。これらの動物のほとんどがとってもかわいらしいんですよ。

クオッカワラビー

猫のような大きさの、ずっとニコニコしていて、カンガルーのアニメ版みたいなものと考えてください。こんな動物が実際に存在するんです。これがクオッカワラビー。パースフリーマントルから少しフェリーに乗るだけで到着できる、人口1万人強のロットネスト島に生息しています。クオッカワラビーは観光客を恐れることもありません。有名なテニス選手のロジャー・フェデラーでさえ、前回、西オーストラリア州に滞在した時にニコニコしながら#quokkaselfieのハッシュタグを付けてクオッカワラビーとの自撮り写真を投稿しました。

 

カンガルー

野生ではカンガルーが簡単に見つかります。現在オーストラリアに棲息しているカンガルーは5,000万匹で、オーストラリアの人口の2倍です。シドニー南部のベイトマンズベイの海岸や西オーストラリア州の南海岸にあるエスぺランスでスキッピーをご覧ください。キャンベラにはオーストラリア国立植物園やエインズリー山があります。カンガルー島アデレード・ヒルズにあるクルランド保護公園では南オーストラリア自然保護区をお楽しみいただけます。熱帯雨林のノースクイーンズランドにあるマグネティック島やレッド・センターにあるアリス・スプリングス近郊のマクドネル山脈で見られます。

 

ハリモグラ

鋭いスパイクの小さなボールと言うとかわいらしく聞こえませんが、ハリモグラの愛らしい小さな顔を見るとそんなことは忘れてしまいます。ブリスベンの北部にあるオーストラリア動物園メルボルンの東部にあるヒールズビル自然動物園、または、運が良ければビクトリア州のグランピアンズ国立公園でも見られます。できなければ、財布から5セント硬貨を取り出すだけです。

 

アシカ

南オーストラリア州のエアー半島に行けば、アシカが「海の子犬」というニックネームを付けられている理由が分かることでしょう。遊び心満載のこのアシカたちは水中でのあなたの動きを真似してきます。ポートリンカーンからの半日ツアーで一生忘れないこの経験を是非お楽しみください。ポートリンカーンはシャークケージダイビングに行くことができる数少ない場所の一つでもあります。

 

ビルビー

ビルビーを聞いたことがありませんか?ヨーダよりも大きな耳を持ったネズミと考えてみてください。これらのウサギのような耳をした動物は砂漠に住んでいますが、絶滅の危機に瀕しているため、見かけることは難しいでしょう。夜行性があり、非常に恥ずかしがり屋です。アデレード近郊にあるモナート動物園に行けばもっと簡単に見つかります。ここでは、ビルビーの赤ちゃんが飼育されています。また、シドニーのシドニーのタロンガ動物園でも見つかります。ここでは、2014年に英国のジョージ王子が訪問した後に、それを記念してビルビーを展示しています。多くのオーストラリア人は、イースターに、ウサギではなくチョコレートのビルビーでお祝いします。

 

ウォンバット

ウォンバットはとてもずんぐりしているので、お土産屋さんの棚にあるふわふわのおもちゃが掴まれて野生に投げ込まれたように見えます。このウォンバットはオーストラリアの南東部の涼しい森林地帯に生息しています。タスマニアのファイアーズ湾の海岸にも生息しています。全国の自然保護区、特にビクトリア州のヒールズヴィル自然保護区で多くの観光客の注目の的になっており、「ウォンバットアナグマ動物園農場遊び」というゲームの予約ができます。ウォンバットのフンは四角い形をしています。

 

ディンゴ

野生の赤ちゃんを育てているディンゴではありません。フレーザー島のディンゴは、オーストラリア本土の奇妙な突然変異体から保護されており、信じられないほど純粋なイヌ科の種です。キュートというよりもハンサムで、約200匹の砂の色をしたディンゴは、クイーンズランド州のハービー湾の海岸から少し離れた世界最大の砂の島に生息していますが、写真を撮ろうとする観光客を噛むことが知られているので、あまり近づきすぎないようにしてください。

 

コアラ

コアラを抱っこしたいですか?もちろんです。 バンガロー湾のマグネティック島国立公園内は、オーストラリア唯一のリゾートで、敷地内には野生動物公園があります。コアラ生息地でビュッフェ式朝食を予約すると、コアラを抱っこして、ベーコンと卵の朝食をお楽しみいただけます。 ブリスベンローンパイン・コアラ・サンクチュアリアデレード・ヒルズクルランド保護公園でもコアラを抱っこできます。ニューサウスウェールズ州ミッドノースコーストのポート・マッコーリーにあるコアラ病院でも心温まる経験ができます。

 

コガタペンギン

フィリップ島は、メルボルンから自動車で南東に2時間ドライブしたところにあり、象徴的なペンギンパレードの本拠地です。海岸に散らばる小さなサイズのペンギンを見ることができます。毎日、日没時に、何百匹ものコガタペンギンが海で釣りをするという長い一日を過ごした後、巣に帰っていきます。ヒールズヴィル自然保護区への訪問を含む、メルボルンからの日帰りツアーを予約することもできます。

 

フクロモモンガ

これらの小さなポッサムは、子犬よりもかわいらしい目をした地球上の唯一の動物です。フクロモモンガには、前脚と後脚の間に膜があるので、木々の間を滑るように動くことができるのです。オーストラリアの北部と東部の沿岸、特に熱帯のノースクイーンズランドの熱帯雨林に沿って生息しています。野生のフクロモモンガを見つけられたらラッキーです。小さく、夜行です。ブリスベン近郊のオーストラリア動物園に行けばもっと見つかりやすいでしょう。

 

Nearby Hostels

    あなたの旅ストーリー

    旅ライターとして記事をYHA.COM.AUの日本語サイトに投稿してみませんか?

badge image

学ぶために旅して、旅するために学ぶ。