首都キャンベラを訪れよう

国会議事堂や美術館はもちろん、キャンベラには(思ってるよりも)魅力的なアトラクションが沢山あります!全く新しい形でキャンベラを観て、探索して、体験してみよう。

Australian Institute of Sport

画像提供:オーストラリア スポーツ研究所(AIS)

オーストラリア スポーツ研究所(Australian Institute of Sport)

オーストラリアのトップアスリートがトレーニングする様子をインタラクティブに見学したり、オーストラリアのスポーツでも最も個性的で珍しい思い出や記念品をゲット。

Botanic Gardens

画像提供:植物園

オーストラリア国立植物園

アウトドアで、インタラクティブ。テイクアウェイをして木陰でピクニックはどう?

Canberra Arboretum

画像提供:国立樹木園

国立キャンベラ樹木園(National Arboretum Canberra)

キャンベラにある公園や庭園はオーストラリアならではの完成度。その中でもこの樹木園は、キャンベラに行くなら絶対立ち寄るべき!稀少かつ象徴的な絶滅危惧種の樹木の生きたコレクションの間を歩き回って、、環境保全、エコロジー、地理、そして人類による資源の消費について考えてみよう。キャンベラ、そしてバーリー・グリフィン湖やブリンダベラ山脈の見事な景色は言うに及びません!

Zoo and Aquarium

画像提供:国立動物園・水族館

国立動物園・水族館

ここは、檻の中の動物を見るような普通の動物園や水族館ではなく、熊に餌をやったり、蛇と親しんだりといった、1対1の出会いが楽しめる場所。

Questacon

画像提供:国立科学技術センター(クエスタコン)

クエスタコン

きっと説明はいらないでしょう!オーストラリアでトップレベルのこの科学センターでは、手で触れることのできる200以上の展示や、6メートルのすべり台のほか、イアン・ポッター基金技術学習センターでインタラクティブなワークショップを無料で体験できます。

 National Portrait Gallery

画像提供: 国立肖像画美術館

国立肖像画美術館

今やインスタやフェイスブックで写真を見る時代。ここでは何世紀にも渡って数多く存在している、「フィルターなし」の肖像が見物できます。オーストラリアの歴史上偉大で、著名な人たちの肖像がを見てみよう。ビジュアルアート、英語、歴史、社会、市民、アボリジニおよびトレス海峡諸島民のための活動などを中心とした、オーストラリアの全てをここで学ぼう。

NSFA

画像提供:オーストラリア国立フィルム&サウンドアーカイブ(NFSA)

オーストラリア国立フィルム&サウンドアーカイブ(NFSA)

生徒たちに現代文化を忘れさせましょう。この国の基となっている記憶や人物は、おそらく生徒たちがこれまで知らなかったものです。しかし、オーストラリアの視聴覚遺産の拠点であるNSFAを訪れれば、それらを知ることになります。昔ながらのフィルムや音響機器を扱い、過去の音楽や声を聴き、歴史や文化の決定的瞬間を目にすることで、生徒たちの五感に訴えましょう。生徒たちはすっかり夢中になって、スマホに届く煩わしい通知のことなど忘れてしまうでしょう。 第1学期に訪問すると、1つ分の料金で2つのアクティビティに参加いただけます!

 Image from Sydney Morning Herald

画像提供:シドニー・モーニング・ヘラルド

王立オーストラリア造幣局

「お金は語る。」とはいいますが、もう少しだけ語らせてください!コインがどのように造られるかを学び、自分の1ドルコインを造り、ロボットが働く様子を見学し、オーストラリアの金銭の歴史を学び、さらに第1学期に訪問した場合は、ポケットサイズの虫めがねを全員に無料で差し上げます。生徒たちが常に望んでいたとおりのものです。

badge image

学ぶために旅して、旅するために学ぶ。